社会保険労務士の業務内容とは

社会保険労務士の仕事内容は、3つに分類できます。

1~3号業務の3つで、1号業務と2号業務に関しては独占業務となります。


ここから具体的に、それぞれの業務を紹介しましょう。


1号業務は、労働社会保険諸法令に基づき、書類の作成代行をします。
健康保険や雇用保険、労災保険の加入、脱退、給付手続きなどの代行が含まれます。助成金の申請手続きの代行も行えます。


2号業務とは、帳簿書類の作成です。
こちらも労働社会保険諸法令に基づき、作成しなければいけません。
具体的には、労働者名簿や賃金台帳の作成が含まれます。
また会社によって、就業規則を独自に設定できます。
就業規則を先ほど紹介した労働社会保険諸法令に見合ったものを作成する業務もあります。


最後に3号業務があります。
こちらは、コンサルティング業務になります。
人事の配置や資金の調整、従業員への教育を
どのようにすればいいのかの相談を受けたときに、社会保険労務士の観点から様々なアドバイスをします。


その他にも実際に社会保険労務士の仕事をしていると、
いろいろな案件が持ち込まれます。


たとえば、懲戒や解雇などを過去に行った問題のある社員への
対応を求められたり、最近ではセクハラに関する相談が持ち込まれたり
することもあります。働く女性が増えたこともあって、育児休業の見直しを迫られている会社も多いです。


会社の中で起こりうるすべての問題の解決を
託されるのが社会保険労務士であると思っておいた方がいいでしょう。


CATEGORIES : 社労士の業務内容/ AUTHOR : wpadmin

Has one comment to “社会保険労務士の業務内容とは”

You can leave a reply or Trackback this post.
  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。