社会保険労務士の報酬

社会保険労務士の中には、独立開業して仕事をする人も多いです。


この場合、仕事を受注して報酬を受け取る形で活動します。
ではどのくらいの報酬を受け取れるのでしょうか?
まず個別に仕事の依頼をされるケースに関して見ていきましょう。

この場合、各種届の作成代行などをすると1~3万円程度が報酬の相場のようです。

以下同じく各種許可申請手続きで3~5万円、
就業規則の作成が10~20万円といったところのようです。報酬の交渉をする時の基準にしてみましょう。


また中には、個別の会社と顧問契約をしている社会保険労務士もいます。
その会社で労働社会保険の手続きや給料の計算、
助成金の申請などの仕事を専門的に受けます。


顧問契約を交わすと、月々定額の顧問料を受け取ります。
顧問料はスキルや会社の規模によって変わってきますが、
2~15万円程度というケースが多いです。
毎月着実に入ってくる報酬なので、
安定した収入を得るために顧問契約をいかに多く結べるかが成功するための鍵といえます。


その他には、相談報酬も発生する可能性があります。

社会保険労務士には、会社の方から手続きのやり方がわからない、
雇用の面でトラブルが発生しているので解決法を教えてほしい
といった相談が持ち込まれることがあります。

この時に発生する報酬です。

一般的に1時間当たり3000~1万円の相談料が目安になります。

またもしセミナーなどの講演依頼があったら、1~5万円程度の報酬がもらえます。


CATEGORIES : 社労士の報酬/ AUTHOR : wpadmin