収入アップのコツ

社会保険労務士で独立開業をした場合、
収入アップをするためにはどのような所で需要があるかを考える必要があります。


通常社会保険労務士というと、
会社のクライアントがつくというイメージを持っている人が多いでしょう。

しかし個人をお客さんとして活動することも可能です。
中には個人を対象にして、年金問題などのコンサルティング業務を行っている所も多いです。


年金問題は、ここ数年ニュースなどでもにぎわせています。
老後の資金の問題なので関心は高いです。

しかし一方で、年金システムは非常に複雑で素人からしてみると
わからないことだらけという側面も持っています。

そこで年金のことに関して、個人的にプロに
相談したいという事例も発生してきているわけです。

相談を受けて、それぞれの問題の解決策を提示する、
場合によっては本人に代わって請求手続きなどを行うことも可能です。


もし年金が得意分野というのであれば、
個人もクライアントにすることで収入アップが期待できます。


独立開業で稼ぐためには、とにかく営業活動をすることです。

そのためには、会社の経営者との交流を深めることに積極的であるべきです。

中小企業のクライアントが多くなるでしょうから、
中小企業の経営者の集まりがあれば、積極的に参加しましょう。

そして仕事をもらって、結果を出し続けることで信頼を高めましょう。

そうすると顧問契約を交わすこともできるようになって、経済的な基盤を強固にできます。


CATEGORIES : 収入アップ/ AUTHOR : wpadmin